カワサキ機工

沿革

Home > 会社案内 > 沿革

1905年
(明治38年)
創業
1908年 粗揉機を製作、販売
1917年 精揉機を製作、販売
1941年 スプリング圧式精揉機を開発
1952年 株式会社に改組
1956年 現在の精揉機の原形となる引き分銅式精揉機を開発
1957年 自動乾燥機を開発
1959年 鉄枠精揉機を試作
1961年 各機種を鉄枠に転換
1963年 精揉機からの取り出しを容易にする釜割れ取り出しを開発
省力化、連結化のため振動コンベア、垂直コンベア等輸送機器を開発
1965年 背面熱風吹込粗揉機を開発(大型化技術への先鞭)
1966年 パッケージボイラーと粗揉機の自動プール開発により中小企業庁長官賞を受賞
1967年 自動コンテナを開発。生葉の鮮度保持を改善
熱風発生機の自動温度制御装置を開発
1968年 回分方式によるプラントの全自動制御装置を開発
自動化の進展に伴い、回転部、褶動部の無給油化を推進
大型プラント120Kシリーズを発売
1969年 中小企業庁より「合理化モデル工場」の指定を受ける
1971年 財団法人機械振興協会より「自動化機械開発賞」を受賞
1972年 多段階制御の粗揉機(スリーインワン)開発(高品質化への先鞭)
精揉機への自動投入装置開発 プラント全体の自動化を達成
公害対策・環境衛生に配慮した未来モデルとなる製茶工場の構想を提案、設置
1975年 蒸気流量計を開発 蒸行程数値制御の第一歩
大型製茶プラント180Kシリーズを発売
1981年 引き分銅行程を自動化するマイコン精揉機F-120Kを開発
日本茶業技術協会より製茶機械の自動化等の功績により表彰
1982年 粗揉機(スリーインワン)の制御をマイコン化し、茶温、時間、熱風温度等制御を緻密化
1983年 連動自動製茶プラントの開発育成により、科学技術庁長官賞を受賞
1984年 生葉流量計を開発 茶工場の生産計画管理が可能となる
1985年 マイコン蒸機を開発 蒸工程の高度な数値制御が可能となる
1989年 マイクロ波水分計付マイコン中揉機を開発 本格的フィードバック制御技術の先鞭
中火工程FAシステム開発 データの集中管理・制御技術を製茶プラントに導入
1991年 マイクロ波水分計付マイコン粗揉機を開発
1993年 生葉FAシステム開発
1994年 土壌計測保全システム 茶園キーパーを開発
1995年 生葉水分計、生葉格付機、露引率測定器、大海パレタイザーロボット等を開発
1996年 フルラインNEWFAを発表
1997年 大海自動結束装置、取出度判定器を発売
産業開発功労者として川崎社長、県知事より表彰
1998年 合場省力装置を発表
1999年 マイクロ波着脱型水分計を開発
FA釜炒り茶ラインを開発
2000年 高速生葉格付機を開発
固定胴型蒸葉処理機を開発
乗用型摘採機KJシリーズを開発
2001年 異物除去装置を開発
乗用型剪枝機KJPを開発
2002年 色彩識別機を開発
トレーサビリティーシステムを開発
乗用型防除機KJSを開発
2003年 New200Kラインを発売
2004年 送帯式蒸機を開発
2005年 高水分域水分計を静大と共同研究にて開発
創業100周年を迎える
2006年 粗揉機ハイパー制御盤を開発
全自動袋詰機PAを開発
ライン監視システムラインモニタを開発
2007年 省エネラインマルチエコラインを開発
炒蒸機を開発
乗用型摘採機KJ6C-SJを開発
2008年 色彩選別機 KCS-Fシリーズを開発
精揉機ハイパー制御盤を開発
乗用型摘採機KJ8C/KJ10-SJを開発
2009年 インバーター蒸機を開発
2010年 異物除去機を開発
2011年 締機50kを開発
2012年 新型蒸機を開発
乗用型摘採機KJ4Nを開発
トップページへ